MENU

割り切り掲示板の中で気になった女性に対してメールを送信していきました。
メールフォームから関係を楽しみたいということは熱く書き、そして送っていったのです。
返事がもらえるかどうかは全く不透明でしたけれど、それでも高揚感を感じてしまっていました。
相手側もセックスを楽しみたいと思っているんだから、メールは届けられるかもしれないという淡い期待を持っていました。
メッセージを送って程なくして返信をもらうことができました。
「早い!」
相手から返信をもらった時はこう思ってしまったのです。
そしてその返信にまた返事を書いていきました。
やりとりはとても順調だったし、早めのアポを決めたいと言う事を相手から伝えられて、完全に舞い上がってしまいました。
こんなに早い段階で待ち合わせをすることができるのか?素晴らしいじゃないかと思ったのです。
『最近彼氏が構ってくれないから、かなり欲求不満になっちゃってるんです。
精神的にも甘えたいから、思いっきり私と関係を楽しみませんか?
ホ別5
◯◯付近で会える方、プライベートには干渉しない方よろしくお願いします』
このような応募メッセージを書いていましたから、肉体的にもかなり不満を持っているに違いないと思っていたのでメールを送ってみたのですが、ドンピシャだった感じがします。
やりとりはとてもスムーズに進んで行き、待ち合わせの時間なども決めることができて会うことになってきました。

本当は通話をしたかったんだけど、連絡はメールだけと相手側から言われてしまいました。
それでもセックスができるんだからいいやと思って、待ち合わせ場所まで出かけていく事にしたのです。
物凄いハイテンション状態になってしまっていました。
これから自分は新しい第一歩を踏み出すって気持ちになっていて、本当に新鮮な気分を味わうことができていました。